【群馬】前橋商4年ぶり4強 市場、今夏初安打がV打 歓声に感謝

[ 2019年7月24日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権 群馬大会準々決勝   前橋商6―3樹徳 ( 2019年7月23日 )

<前橋商・樹徳>7回3失点の力投を見せた井上
Photo By スポニチ

 前橋商(群馬)が樹徳との接戦を制し、6―3で4年ぶりの4強入りを決めた。3―3の6回1死二塁で7番・市場が、今夏初安打となる勝ち越しの中前適時打。スタンドから大歓声を浴び「とにかくフルスイングでいこうと思った。3年間、これを待っていた」と感謝した。

 最速144キロのプロ注目左腕・井上は、7回5安打3失点と粘った中で飛び出した援護点に「今日は絶対に打つと思っていた」と自分のことのように喜んだ。市場は8回にも中前打を放ち復調の兆し。「次も自分が打って必ず勝ちたい」と9年ぶり6度目の夏の聖地を見据えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月24日のニュース