“吉田義男ゲート”の23号門、1年ぶりに開放 センバツ開幕の甲子園球場

[ 2019年3月23日 11:45 ]

第91回選抜高校野球大会の開会式(撮影・平嶋 理子)  
Photo By スポニチ

 第91回選抜高校野球大会が開幕した23日、甲子園球場で“開かずの扉”だった23号門が開放された。ライト外野席の入場門だが、阪神戦などプロ野球開催時は閉ざされている。また、100回大会だった昨年夏の高校野球開催時も閉められていた。

 甲子園球場関係者によると「昨年夏の高校野球は外野席も有料で検札が必要だったので閉めていた。プロ野球は長年、閉めている」という。

 外野席が通常の無料開放となったため、昨春の選抜大会以来、1年ぶりに開けられた。

 ふだん閉まっている23号門は、阪神の名遊撃手で監督も務めた吉田義男氏の現役時代の背番号(永久欠番)「23」を思わせ、一部ファンの間では人気がある。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月23日のニュース