ソフトB千賀 4回1安打無失点も不満だらけ「変化球は全部微妙」

[ 2019年3月23日 05:30 ]

オープン戦   ソフトバンク0―4広島 ( 2019年3月22日    ヤフオクD )

<ソ・広>力投する千賀(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク・千賀が、最後のオープン戦登板で4回1安打無失点。しかし、エースは結果だけでは満足しない。3四球を与えたことについて「全体的に思うような投球ではなかった。(変化球は)全部、微妙だった」と不満ばかりを並べた。

 変化球主体の投球ながら、初回には自己最速を1キロ更新する159キロを計測し、球場を沸かせた。3番・安部の2球目、外角高めへのボール球に「クソボールだったので、ストライクゾーンに放れるように頑張る」と素っ気なかったが、仕上がりは上々だ。工藤監督は「(直球は)かなりいいですね。これ以上は力んでほしくない。いい調整ができている」と期待した。

 前夜に現役引退を表明したマリナーズのイチローと同じ愛知県出身。少年時代は振り子打法をまねしていたという右腕は「会見は凄い考えながら聞いていました。寝不足です」と、深夜まで同郷の大先輩の勇姿を目に焼き付けた。

 3月の実戦は2軍の教育リーグを含め4試合19イニング無失点で、29日の西武との開幕戦へ向かう。昨年はオープン戦最終登板で右上腕の張りのため途中降板しただけに「体の不安なくやれているのでまずまず。あと1週間で合わせていければ。(160キロは)多分、出ると思います」と自信を見せた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月23日のニュース