中日、NPBに意見書 22日の見逃し三振判定で

[ 2019年3月23日 20:03 ]

 中日の西山和夫球団代表は23日、日本野球機構(NPB)に意見書を出したことをナゴヤドームで明らかにした。問題は22日に行われた楽天戦の8回。中日の渡辺が見逃し三振となった場面で、打席で構える前に楽天の安楽が投球したとして与田監督が疑問を呈した。

 西山代表は「シーズンが始まる前に統一した意見を聞きたい。審判の判断は(勝敗に)直結する。開幕前には返答してほしい」と希望した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月23日のニュース