広島・小園、けん制死にサインプレー失敗も勉強の一日

[ 2019年3月23日 20:15 ]

オープン戦   ソフトバンク5―2広島 ( 2019年3月23日    ヤフオクD )

<ソ・広>7回無死一塁、打者・小窪の時、代走の小園がけん制でアウトになる(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 広島ドラフト1位の小園海斗内野手(18=報徳学園)は、精彩を欠いた一日に悔しさを押し殺して広島への帰途についた。

 7回先頭で中前打を放った会沢の代走として途中出場。しかし、一塁走者でスタートを切る構えを見せて大きくリードした隙を見逃してもらえず、捕手・高谷からの一塁送球でけん制死となった。
 さらに、直後の守備では、内川の遊撃後方への飛球を最短で落下点に入ることができずに内野安打。バントシフトのサインプレーもかみ合わず、マウンドに集まって確認する場面もあった。

 「これからしっかり確認してやっていきます…」

 24日のソフトバンク戦でオープン戦は終了。目標の開幕1軍へ、最後は気持ちよく締めくくりたい。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月23日のニュース