ロッテ・バルガス 菅野撃ち看板直撃弾「次もガンバルガス!」

[ 2019年3月23日 18:46 ]

オープン戦   巨人―ロッテ ( 2019年3月23日    東京D )

<巨・ロ>2回2死、バルガスは先制ソロホームランを放ち、ゴリラポーズでホームへ向かう(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 ロッテの新外国人ケニス・バルガス内野手(28)が、2回無死、巨人・菅野の133キロスライダーを完璧にとらえ、東京ドームの右中間席上方にある「ヘーベルハウス」の看板を直撃する推定140メートル弾を放った。

 「いい投手だから初球から甘い球は逃さず、積極的に行こうと練習から話していたんだ。しっかり、自分のスイングができたよ。次もガンバルガス!」

 オープン戦は試合前まで打率・059、1本塁打と日本球界への適応は遅れ、21日の阪神戦(ZOZOマリン)は3試合ぶりに先発を外れたが、2試合ぶりのスタメンで3試合ぶりの2号ソロと、メジャー通算35本塁打の意地を見せた。

 西武とのオープン戦が行われた20日には、試合終了後、メットライフドームから東京ドームまで駆けつけ、アスレチックス―マリナーズのメジャー開幕戦を観戦。引退を表明したイチローの姿を客席から目に焼き付け、日本球界に活躍の場所を選んだ自らを鼓舞する力にした。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月23日のニュース