巨人 臨場感満点「パーティールームNZK」公開

[ 2019年3月23日 17:11 ]

<巨・ロ>報道陣に公開された新設シート (撮影・白鳥 佳樹) 
Photo By スポニチ

 巨人は23日、東京ドームの外野左中間フェンス裏に新設した「パーティールームNZK(エヌ・ズィー・ケー)」を公開した。

 「NZK」の由来は、フェンスをくりぬいた金網窓からグラウンドの様子を「のぞき込む」ように見ることができるため。石井一夫球団社長兼編成本部長は「スタジアムの空気が直接、皆様のところに押し寄せていく。応援している声とか、時には選手が声を掛け合って“俺が捕るぞ”という声が聞こえるかもしれません」と説明した。個室には大型モニターが設置され、パーティー料理、フリードリンクが楽しめる。パーティールームは2部屋で、片方の部屋にはTVゲームやダーツ、名作野球漫画などが置かれたアミューズメントコーナーが併設された。

【料金】
(料理・ドリンク代を含む)
NZK―I(定員15人)30万円(税込) 
NZK―2(定員25人/アミューズメントコーナー付き)62万5000円(税込)

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月23日のニュース