春日部共栄・村田、直球勝負 自らのバットで援護誓う

[ 2019年3月23日 05:30 ]

第91回選抜高校野球

 春日部共栄エースで4番の村田が42球のブルペン投球で、大会初日第2試合の初陣に備えた。「真っすぐで押していきたい」と強気。「相手投手をどこまで攻略できるか」と、バットで自らの投球を援護する。

 22年ぶりのセンバツ。植竹幸一監督は「練習試合では球が高かったが修正していた」と前回の8強超えを狙う。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月23日のニュース