センバツ開幕 元阪神・関本氏、長男出場に感動「あんなに小さかった子が…」

[ 2019年3月23日 12:08 ]

履正社ナイン 
Photo By スポニチ

 第91回選抜高校野球大会(甲子園、12日間)が23日、開幕した。スポニチ本紙評論家・関本賢太郎氏は開会式に訪れ、本紙にコメントを寄せた。

  ※ ※ ※ ※
 現役時代も甲子園の開会式はテレビで見ていましたが、現地で見るのはやはり特別です。選手たちの入場行進を見ながら、改めて甲子園球場は素晴らしいグラウンドだと思いました。

 今大会には履正社の一員として長男・勇輔が出場します。立派に行進する姿を見て「あんなに小さかった子が大きくなったなぁ」と感動しました。

 私も天理高3年夏の1996年に甲子園へ出場させていただきました。グラウンドに入った瞬間の熱気と、行進までの間に待機していた室内練習場での光景を今でも忘れません。甲子園は選手だけではなく、彼らを支えるご父兄の方々にとっても昔から夢見てきた舞台だと思います。選手たちが自分の持っているものをしっかりと表現できるような大会になることを願っています。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月23日のニュース