バット職人名和さん、納得感を「聞いてみたいけど聞くの怖い」

[ 2019年3月23日 05:30 ]

イチロー引退

08年からイチローのバット製作を手掛けてきた名和民夫さん
Photo By 共同

 08年からイチローのバット製作を担当した名和民夫さん(52)が岐阜県養老町の運動用具メーカー「ミズノテクニクス」の工場でイチロー外野手と歩んだ日々を振り返った。

 イチローが渡米前の2月にもバットの調整を約2時間行っただけに、引退発表には「信じられなかった」という。「問題なくというのは及第点。本当はどれくらい納得していたか聞いたことがない。聞いてみたいけど聞くのが怖い。お疲れさまでした」と偉業をねぎらった。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月23日のニュース