オリックス開幕投手、急転“白紙”…山岡の守備ミス連発に指揮官激怒

[ 2019年3月23日 09:30 ]

オープン戦   オリックス3―2阪神 ( 2019年3月22日    京セラD )

<オ・神>6回1失点と好投したものの…先発の山岡(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 オリックスの開幕投手が急転“白紙”となった。大役に内定していた山岡は、オープン戦最終登板となった阪神戦で6回3安打1失点と上々の結果を出したが、試合後に西村監督がまさかの大激怒。「話にならない。開幕投手を代えてもらって構わない。副キャプテンもはく奪するかもしれない」と衝撃的な言葉を残した。

 問題のシーンは3回だ。山岡は簡単に2死を奪ったが、木浪の一ゴロの打球に対してベースカバーを怠り内野安打に。次打者・近本の投ゴロを一塁に悪送球した。結果的に無失点で終わったが、指揮官は納得がいかず「チームを引っ張ってもらわないといけないのに、あのプレーはあり得ない。ラスト登板であんなことをされたら困る」と再考を匂わせた。

 自身初の開幕投手に内定していた山岡は「ぼくがああいうプレーをしたらダメだと思う。反省して二度とないようにしたい。ぼくは準備をするだけなので」とうつむきながら帰宅の途に就いた。開幕戦は球団ワースト7連敗中。代役登場となるのか、注目が集まりそうだ。(鶴崎 唯史)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月23日のニュース