「衝撃、虚無感」…盟友オリ田口コーチ語る「草野球一緒にしたい」

[ 2019年3月23日 05:30 ]

イチロー引退

イチローとの思い出について語る田口野手総合兼打撃コーチ
Photo By スポニチ

 イチローとともにオリックスで95、96年のリーグ連覇に貢献したオリックスの田口野手総合兼打撃コーチは「一つの時代が終わったなと。それぐらいの衝撃でした。虚無感しかない」と語った。日米で活躍した後輩の功績について「ベースボールと野球の歴史の中で一番偉大な選手だった」と断言。引退会見を振り返り「草野球をするんだろうなと思った。僕も呼んでもらえるように肩を治したい。彼は投手をやるでしょうから捕手ができるように」と笑った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月23日のニュース