【イチ問一答(1)】マリナーズ以外行く気持ちなかった

[ 2019年3月23日 05:30 ]

引退会見するイチロー
Photo By スポニチ

 イチローが21日のアスレチックス戦(東京ドーム)後に都内のホテルで行った深夜の引退表明会見は、83分にも及んだ。イチローの野球への思い、独特の野球観が詰まった一問一答を紹介する。

 ――引退を決めたタイミング、理由は?

 「キャンプ終盤ですね。日本に帰ってくる何日か前です。元々今回東京ドームでプレーするところまでが契約上の予定だった。キャンプ終盤も結果を出せずに、それを覆すことができなかった」

 ――決断に後悔や、思い残したことは?

 「今日のあの球場での出来事、あんなもの見せられたら後悔などあろうはずがありません。もっとできたことはあると思いますけど、自分なりに頑張ってきたとは、はっきり言えるので。これを重ねることでしか後悔を生まないことはできないのではないかと思う」

 ――最低50歳まで現役と話してきた。日本プロ野球復帰の選択肢はなかったのか?

 「それはここで言えないなぁ。ただ、最低50までって本当に思っていたし。それはかなわず、有言不実行の男になってしまったわけですけど。でもその表現をしてこなかったら、ここまでできなかったかなという思いもあります。言葉にして表現することは、目標に近づく一つの方法ではないかと思っています」

 ――以前にも引退について考えたことは?

 「引退というより、クビになるんじゃないか、という思いはいつもあった。ニューヨークに行ってからは毎日そんな感じ。マイアミもそう。そんなのしょっちゅうありました」

 ――その中で今回、決断した理由は?

 「マリナーズ以外に行く気持ちはなかったというのは、大きいですよね。去年シアトルに戻していただいて、本当にうれしかったし」

 ――子供たちへのメッセージを。

 「野球だけでなくてもいい。熱中できるものが見つかればエネルギーを注げる。見つかれば、立ちはだかる壁に向かっていける。見つからないと、壁が出てくると諦めてしまうことがある。いろんなことにトライし、向くか向かないかより、好きなものを見つけてほしいなと思います」

 ――8回、ベンチに戻る際に菊池選手が泣いていた。

 「いや、号泣中の号泣でしょ、あいつ。びっくりしましたよ。それ見てこっちは笑っちゃいましたね」

 ――菊池選手は今季からマ軍に入団。託していくものは?

 「雄星のデビューの日に、僕が引退を迎えたのは、何かいいなぁと思っていて。もう“ちゃんとやれよ”という思いですね。左投手の先発って変わっている子が多い。天才肌という言い方もできる。だから、こんなにいい子いるのかなっていう感じです。でも日本に飛行機で移動してきて、2人で“ジャージーは駄目だろ”と話していて。そうしたら、まさか羽田に着いた時に黒のジャージーでしたからね。こいつ大物だな、と思って。スケール感は出ていました」

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月23日のニュース