JR東日本・西田 公式戦初の完投勝利 2度の手術乗り越えて熱投96球「自信になった」

[ 2021年9月25日 05:30 ]

都市対抗野球2次予選 東京第2代表決定トーナメント1回戦   JR東日本7ー1JPアセット証券 ( 2021年9月24日    大田 )

<JR東日本・JPアセット証券>完投勝利を挙げた西田(撮影・川島 毅洋)
Photo By スポニチ

 JR東日本の5年目右腕の西田が1安打1失点で公式戦初の完投勝利を挙げた。4回に暴投で失点したが、6回まで無安打投球を見せるなど96球で投げ切って「昨日、先発を言われた。プレッシャーはなかった」と胸を張った。

 社会人では2度、右肘の遊離軟骨除去手術を受けた。「手術を2回して、今日はこれだけ投げられて自信になった」と喜びをかみしめた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月25日のニュース