パドレス・ダル 好投も勝敗つかず 降板直後に救援投手が逆転被弾 メジャー80勝お預け

[ 2021年9月25日 02:30 ]

ナ・リーグ   パドレス7ー6ジャイアンツ ( 2021年9月23日    サンディエゴ )

ジャイアンツ戦に登板したパドレスのダルビッシュ(AP)
Photo By AP

 パドレスのダルビッシュは、ジャイアンツ戦で4―2の6回途中、勝利投手の権利を持ったまま降板も、直後に救援陣が打たれ3安打4失点で勝敗はつかなかった。

 「調子の良いジャイアンツ打線に対し、ヒット3本。スライダー、カッターがなかなかうまくいかない中で、速球系とスプリットでそれができて自信になります」。前回対戦だった13日は、4発を含む6安打8失点と炎上も、速球系とスプリットを多投し、手応えもあった。降板直後に救援投手が逆転3ランを浴び、メジャー通算80勝目はお預け。それでも連敗を5で止めることに貢献した。

 今季本拠地での最終戦で、ダルビッシュは「球場を出るときも勝っても負けても凄く声をかけてくれていた。ファンの人たちに感謝したい」と話した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月25日のニュース