×

大産大付に川口あり 143キロ右腕が1失点完投でチームは5回戦進出

[ 2021年9月25日 12:21 ]

秋季高校野球大阪大会4回戦   大産大付2ー1興国 ( 2021年9月25日    南港中央 )

<大産大付・興国>9回1失点完投した大産大付・川口咲斗投手
Photo By スポニチ

 大産大付の最速143キロ右腕・川口咲斗が興国打線を1失点に封じ、5回戦進出を決めた。序盤はストレートを主体に攻め、中盤以降はカーブと切れ味鋭い縦のスライダーを駆使。9回2死一、二塁のピンチも、空振り三振に封じた。

 「監督さんからは“落ち着いた大人の投球を見せて来い”と言われていました」

 元中日、ソフトバンク捕手の田上秀則監督からのアドバイスを忠実に実践。再三のピンチにも、決定打を許さなかった。今夏の大阪大会中に腰痛を患ったが回復。2005年以来の選抜出場へ、背番号11がチームをけん引する。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年9月25日のニュース