19歳・結城が現役引退 16歳でマイナー契約も右肘痛に悩まされ決断

[ 2021年9月25日 02:30 ]

結城海斗投手
Photo By スポニチ

 6月にロイヤルズ傘下マイナーを自由契約になっていた結城海斗投手(19)が、現役を引退していたことが24日、分かった。

 最速144キロの右腕は18年7月に16歳でロ軍と7年間のマイナー契約を締結。日本選手としては史上最年少でメジャーに挑戦したが、右肘痛に悩まされて決断。関係者によれば既に帰国し、会社員として再出発しているという。

続きを表示

「始球式」特集記事

「水島新司」特集記事

2021年9月25日のニュース