キャンプ初日に誓った「優勝」 阪神・平田2軍監督 虎党の前で、有言実行「恩返し」の勝利

[ 2021年9月25日 05:30 ]

ウエスタン・リーグ   阪神5-3オリックス ( 2021年9月24日    甲子園 )

<ウエスタン 神・オ> 3年ぶりにウエスタンリーグで優勝を決め、挨拶をする平田二軍監督(左) (撮影・平嶋 理子)                            
Photo By スポニチ

 【記者フリートーク】まさに、有言実行のVだった。今春の2軍キャンプ初日。無観客のため静けさが漂う安芸市営球場で、平田2軍監督はこんなことを話していた。

 「いつも見に来てくれるありがたさを感じる。シーズン優勝することで、(恩を)返さなあかんやん」

 球場へ足を運び、声援を送ってくれていたファンの存在を改めて感謝した。コロナ下だからこその新たな気付き。「優勝」という形で恩返しすることを強く誓った。

 あれから7カ月あまり。全員で勝利を積み重ね、応援してくれる虎党の目の前で歓喜の時を迎えた。「ひたむきなプレー、そして勝つことが恩返しになる」。祝福の拍手に包まれた甲子園を見て、胸が熱くなった。(阪神担当・須田麻祐子)

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月25日のニュース