オリ・宗が先制6号ソロ「何とか先制点を取りたかった」 11連勝中の「絶対エース」由伸を強力援護

[ 2021年9月25日 14:47 ]

パ・リーグ   オリックスー楽天 ( 2021年9月25日    京セラD )

<オ・楽(21)>初回1死、右越えに先制のソロ本塁打を放ったオリックス・宗は伏見(左)と喜び合う(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 オリックス・宗が「2番・三塁」で先発出場し、先制の6号ソロ本塁打を放った。

 失投を見逃さなかった。0―0の初回1死無走者。1ボール1ストライクからの3球目、岸の高めに浮いたチェンジアップを強振。右翼席へ放り込んだ一発は、6月9日の巨人戦以来となる自身3カ月ぶりのアーチ。11連勝中と勢いに乗る先発・山本を援護した。

 宗は球団を通じて、「打ったのはチェンジアップです。ピッチャーが(山本)由伸なので、頑張って投げてくれると思いますし、なんとか先制点を取りたいと思っていたので、いい結果になってくれて最高です!」とコメントした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年9月25日のニュース