中日・大野雄 6回3失点も5年ぶり10敗 村上の一発を反省「長打は避けなければいけなかった」

[ 2021年9月25日 05:30 ]

セ・リーグ   中日0-3ヤクルト ( 2021年9月24日    神宮 )

<ヤ・中19>2回2死一、二塁、坂口に死球を与え帽子を取って謝る大野雄の髪はまるでリーゼント(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 中日・大野雄が6回3失点と粘投も無援に泣き、16年以来となるシーズン10敗目を喫した。

 3回に青木の中前適時打で先制を許すと、1死一塁から村上に2ランを被弾。「村上選手に長打を打たれることは避けなければいけなかった」と相手主砲に許した一発を悔やんだ。

 2年ぶりの4四死球と制球にも苦しみ「3点を追いかける重い試合展開にしてしまった」と序盤の失点を反省した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月25日のニュース