ロッテ・朗希 腰の張りで登板せず1日で抹消 井口監督「また10日間で状態を上げて」

[ 2021年9月25日 05:30 ]

ロッテ・佐々木朗希
Photo By スポニチ

 23日のソフトバンク戦先発を回避したロッテ・佐々木朗希投手(19)が24日、出場選手登録を抹消された。22日夜に腰の張りを訴えていた。

 わずか1日での再抹消にも井口監督は「現状はそこまで悪くないと聞いている。一度抹消するが、投げられないことはない。(期間が)明けたところで試合に行ける準備をさせたい」と説明した。この日、佐々木朗はメットライフドームには姿を見せず、コンディショニングを優先。今後は1軍に同行しながら調整を行う。

 最短で10月5日の西武戦(ZOZOマリン)から登板可能。前回登板だった10日の楽天戦から3週間以上空くが、指揮官は「また10日間で状態を上げてもらいたい」と期待した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「水島新司」特集記事

2021年9月25日のニュース