巨人・丸が逆転V3ラン「浮いてきた直球を力負けせず上から叩けた」

[ 2021年6月23日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人6ー1DeNA ( 2021年6月22日    金沢 )

<巨・D>3回2死一、三塁、左越え3ランを放つ丸(撮影・島崎 忠彦)
Photo By スポニチ

 巨人の丸が0―1の3回に逆転の6号3ランを放った。左翼席への一発に「浮いてきた直球を力負けせず上から叩けた」と語った。

 93年に同球場で、伝説のサヨナラ弾を放った篠塚氏と同じ左打者で千葉出身。当時監督だった長嶋茂雄終身名誉監督から2軍調整中に直接指導を受けた。

 復帰後は4試合で2本塁打。「良い方向に行っていると信じてやっていけたら」と見据えた。

 ▼巨人・ウィーラー(規定打席に到達し打率・337でリーグトップ)意識せずにその時その時、チームのために最善を尽くしたい。

 ▼巨人・梶谷(左太腿違和感から復帰し4回に左前打)1本は出したいと思っていた。まずは体の方もひと安心です。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年6月23日のニュース