ヤクルト・田口 被安打9も粘った1失点で4勝目 高津監督「お手本の投球」

[ 2021年6月23日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト6-1広島 ( 2021年6月22日    マツダ )

<広・ヤ>7回1失点で4勝目を挙げた田口             
Photo By スポニチ

 ヤクルトの田口が7回1失点で4勝目を挙げた。「走者を出してから集中して投げる」というテーマ通り、3回無死一、二塁では林を空振り三振。続く坂倉は141キロのカットボールで遊ゴロ併殺に仕留めるなど9安打を浴びながらも粘った。

 6回のスクイズ成功など打席では2犠打。ともに広島出身の芽衣夫人の父も観戦しており「いいところを見せないと」とした。チームも2連勝で今季最多の貯金8。高津監督は「粘り強い。お手本の投球」と称えた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年6月23日のニュース