大谷翔平 「2番・DH」で出場 4戦連発の24号で単独トップなるか

[ 2021年6月23日 10:09 ]

大谷翔平(AP)
Photo By AP

 エンゼルスの大谷翔平投手(26)は22日(日本時間23日)、本拠地でのジャイアンツとの交流戦に「2番・DH」で出場する。

 現在、3試合連続、両リーグトップタイの23号本塁打を放つ大谷に日本人初の4戦連続とキング単独トップに立つ24号本塁打の期待がかかる。相手投手は右腕デスクラファニで初対戦となる。

 試合前、大谷は23日(同24日)の同戦先発に備え、ブルペンで14球の投球練習を行った。今季初となる2戦連続中5日での登板。力の入れ具合は5、6割程度といつもより軽めで球数も通常より10球ほど少なかった。今季4勝目を目指す大谷と投げ合うのはガウスマン。今季8勝(1敗)をマークし防御率も1.51と抜群の成績を誇る右腕との投げ合いにジョー・マドン監督は「ショウヘイの投球はどんどん良くなっている。興味深い1日になる」と期待を込めた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年6月23日のニュース