止まらん!オリックス 記録ずくめ37年ぶりの11連勝 球団最長の京セラDで8連勝

[ 2021年6月23日 21:09 ]

パ・リーグ   オリックス3-1日本ハム ( 2021年6月23日    京セラD )

<オ・日(10)>6回1死、左越えソロの杉本裕太郎は先制弾の紅林弘太郎(右)、吉田正尚(左)らベンチのナインに迎えられる(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 オリックスの連勝が止まらない。ロースコアの接戦を制し、阪急時代の1984年以来となる11連勝。これで7カード連続の勝ち越し。さらに京セラドーム8連勝は球団史上最長となった。

 3回、紅林の5号ソロ、吉田正の19試合ぶり13号ソロで2点を先行。2―1の6回1死、杉本の15号ソロで突き放し、そのまま逃げ切った。1試合3発は今季最多タイで吉田正、杉本は初のアベック弾となった。

 先発・田嶋は5回2/3を1失点で4勝目。投打がかみ合って、貯金を8にまで殖やした。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年6月23日のニュース