ソフトバンク千賀 2軍戦登板で3回途中2失点も「コンディションに不安ない」

[ 2021年6月23日 19:48 ]

<ウエスタン ソ・神>2軍戦に先発し3回途中2失点の千賀(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 左足首の靱帯(じんたい)損傷から復帰を目指す千賀滉大投手(28)が23日、ウエスタン・リーグの阪神戦(タマスタ筑後)に先発した。

 最速158キロをマークし、3回途中4安打2失点。初回は2安打と四球で1死満塁としたが、2者連続三振で切り抜けた。「まだまだな部分もある」と球数制限を超えた84球で降板となった。

 今季2度目の実戦登板。4四球を与えたが、感覚は戻りつつある。「1イニングで球数を投げてもスピードを出そうと思えば出せる状況だった。コンディションの部分には不安はない」と明るい表情で振り返った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年6月23日のニュース