【ファーム情報】オリドラ1・山下舜平大が公式戦初勝利 西武ドラ6・ブランドンは4安打

[ 2021年6月23日 23:55 ]

オリックス・山下舜平大
Photo By スポニチ

 プロ野球のファームは23日、イースタン、ウエスタン両リーグでナイターを含めて5試合が行われた。

 西武はロッテ戦(ロッテ浦和)に6―2。ドラフト1位・渡部(桐蔭横浜大)が初回にリーグ単独トップの11号3ラン。高木が9回の5号ソロなど3安打2打点。ドラフト6位・ブランドン(東農大北海道オホーツク)が4安打1打点と活躍した。先発・内海は3回3安打2失点。ロッテ先発・山本貴は3回7安打5失点で1敗目(1勝1セーブ)。
 DeNAは日本ハム戦(鎌ケ谷)に7―5。先発・ロメロは6回6安打2失点で2勝目(2敗)。中井が8回の1号ソロなど2安打。田中俊が3安打1打点だった。日本ハム先発・上原は3回6安打5失点(自責4)で1敗目。育成選手の宮田が9回の2号ソロなど3安打。松本剛が9回の2号2ランなど2安打3打点。

 巨人―ヤクルト戦(ジャイアンツ)は6回裏無死で降雨コールドゲームとなりヤクルトが6―4で勝利。初回に坂口が先頭打者本塁打となる3号ソロ。吉田成が2回の3号満塁本塁打など2安打、西田が5回の2号ソロなど2安打を放った。先発・寺島は4回4安打4失点で4勝目(4敗)。巨人先発・桜井は2回5安打5失点で1敗目(2勝)。増田陸が2回の1号2ランなど2安打、陽岱鋼が4回に4号ソロ。

 オリックスは広島戦(オセアンBS舞洲)に3―1。先発のドラフト1位・山下(福岡大大濠)が5回4安打1失点(自責0)で公式戦初勝利となる1勝目(4敗)を挙げた。育成選手の佐野如が2安打2打点。広島先発・薮田は5回4安打2失点で4敗目(1勝)。

 阪神はナイターのソフトバンク戦(タマスタ筑後)に7―2。先発・小川は3回4安打5奪三振で2失点(自責0)。板山が2安打1打点だった。ソフトバンクは左足首のじん帯損傷からの復帰を目指す千賀が先発し、2回2/3を4安打2失点(自責1)。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年6月23日のニュース