阪神・アルカンタラ 6回2失点で3試合連続のQS達成 「修正して何とか試合を作ることができた」

[ 2021年6月23日 20:30 ]

セ・リーグ   阪神―中日 ( 2021年6月23日    バンテリンD )

<中・神(10)> 6回2失点の投球を見せたアルカンタラ(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 先発した阪神・アルカンタラが6回6安打2失点の粘投で役割を果たした。

 初回に高橋のソロ、2回に桂の適時二塁打で早々に2点を失ったものの、その後は粘投。打線の援護を信じて追加点は与えなかった。

 「最初の2イニングはまっすぐの感覚があまり良くなかったけど、そこからは修正して何とか試合を作ることができたから良かった」。

 3勝目こそ手にできなかったが、3試合連続のクオリティースタートで好調をアピールした。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年6月23日のニュース