広島 3連敗で借金14まで後退 先発・九里が7失点の誤算 ヤクルトは3連勝、大西が2勝目

[ 2021年6月23日 22:05 ]

セ・リーグ   広島―ヤクルト ( 2021年6月23日    マツダ )

<広・ヤ(9)>3回 1死一、三塁 オスナに勝ち越しの3点弾を浴びた九里(右は松山)(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 広島が、23日のヤクルト戦に5-8で敗れ、逆転負けを喫した。これで3連敗となり、借金14まで後退。直前に2連勝した勢いを持続できない。

 一方のヤクルトは3連勝。2番手で1回1/3を2安打無失点に抑えた大西が今季2勝目となった。

 広島は先発の九里が誤算の始まりだった。序盤からヤクルト打線にとらえられ、4回まで10安打を許して7失点(自責5)。1四球と制球を乱したわけではないが、リズムを失った。

 打線も4回までは毎回得点で追いすがったが、5回以降はリリーフ陣に抑えられ、点差が縮まらない。結局、9回以外は毎回となる13安打を放ちながらも5得点にとどまり、反撃及ばず。

 ヤクルトは4回に、山田の適時二塁打など4安打を集めて、一挙に逆転し、逃げ切った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年6月23日のニュース