日本ハム、継投裏目で逆転負け…2番手河野が誤算、栗山監督「バギーには悪かった」

[ 2021年6月23日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム2ー5オリックス ( 2021年6月22日    京セラD )

<オ・日>6回、杉本に2点適時二塁打を打たれた河野(中央) (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 日本ハムは継投が裏目に出て逆転負けを喫した。

 被安打3と力投していた先発・バーヘイゲンを同点の6回1死二塁の場面で左腕・河野へ交代。その河野が四球の後、杉本に勝ち越し二塁打を喫した。

 「点が取れずに1点勝負になり、先に行かれたら勝ちパターン(の投手)を突っ込めなくなるというところの判断。バギー(バーヘイゲン)には悪かった」と栗山監督。打たれた河野へ変わらぬ信頼も口にしたが、14残塁の拙攻には「申し訳ない」と表情を曇らせた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年6月23日のニュース