球宴前日の本塁打競争 大谷の最大のライバル・ゲレロが欠場の意向

[ 2021年6月23日 02:30 ]

ブルージェイズ・ゲレロ(AP)
Photo By AP

 既にエンゼルス・大谷の出場が決定している球宴前日の本塁打競争で、最大のライバルと目されていたゲレロ(ブルージェイズ)が欠場の意向を示した。地元カナダの専門局「スポーツネット」(電子版)によると「19年は楽しかったが、体の負担を感じる部分もあった。後半戦に向けて体をリフレッシュしたい」と話したという。

 ゲレロは20歳で出場した前回19年は3ラウンド合計で史上最多91本を放ちながら、体力を消耗し、決勝で敗れた。現在、23本塁打は大谷と並んでトップに立つなど3冠王を狙っており、優勝賞金1億円よりもシーズンを優先した格好だ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年6月23日のニュース