日本ハム・万波 京セラドームのスーパーリング直撃の捕邪飛

[ 2021年6月23日 19:46 ]

パ・リーグ   日本ハムーオリックス ( 2021年6月23日    京セラD )

<オ・日(10)>3回2死二塁、T-岡田の右中間への当たりに飛びつく万波(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 日本ハム・万波が4回の打席で放った打球は高々と真上に上がり、京セラドームのスーパーリングを直撃した。打球はドスンと音を立てた後、ほぼ真下に落下。捕手の若月がファウルゾーンでダイレクト捕球した。

 京セラドームの特別ルールでは「打球がフェア地域上のスーパーリングに当たった場合はボールインプレーとする」となっており、万波は捕邪飛でアウト。日本ハムでは主砲・中田もスーパーリングに当たるか、リング内にボールが消える“規格外”の打球を3度放っている。万波もほぼ真上の打球で捕邪飛とは言え、パワーを示す一打だった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年6月23日のニュース