中日 藤浪撃破し連敗ストップ 7回に堂上の適時二塁打などで4点勝ち越し 福谷が7回2失点の好投

[ 2021年6月23日 20:42 ]

セ・リーグ   中日6-2阪神 ( 2021年6月23日    バンテリンD )

<中・神(10)>7回2死満塁、堂上は3点適時二塁打を放ち、雄たけびをあげる(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 中日は同点の7回に4点を奪い、阪神に勝利。

 2―2の7回、この回から登板した相手2番手・藤浪を攻め立て1死一、三塁にすると、代打・福留が冷静に四球を選び塁を埋めると、ビシエドもフルカウントから押し出し四球を選んで勝ち越しに成功。

 さらに、なおも満塁で堂上が右越えの走者一掃適時二塁打。この回4点を奪って藤浪をノックアウトした。

 先発・福谷も毎回の12安打を浴びながら7回2失点と試合をつくると、祖父江、又吉がリードを守り切り首位・阪神から白星をもぎ取った。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年6月23日のニュース