ロッテ連敗脱出へ4番角中が先制二塁打 19打席ぶりの安打に「お久しぶり」

[ 2021年6月23日 18:38 ]

パ・リーグ   ロッテ―ソフトバンク ( 2021年6月23日    ZOZOマリン )

<ロ・ソ 10>初回2死二塁、角中は左翼線適時二塁打を打つ (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 ロッテが連敗脱出へ4番・角中勝也外野手(34)が先制打を放った。

 初回2死二塁からソフトバンク・東浜の136キロを左二塁打。俊足の二塁走者・荻野貴司外野手(35)が楽々生還した。「打ったのは多分カットボールです。お久しぶりのヒットなので、とにかく打てて嬉しい。本当に嬉しいです。その気持ちだけ」と6月13日の巨人戦、第2打席で放った左二塁打以来、19打席ぶりのヒットを喜んだ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年6月23日のニュース