阪神・梅野 打っては侍同僚撃ち 守っては1点差死守の好リード 正捕手の自覚「接戦をものにする」

[ 2021年6月23日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神2ー1中日 ( 2021年6月22日    バンテリンD )

<中・神(9)>2回1死一、三塁、梅野は中前適時打を放つ(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 東京五輪ではチームメートとなる難敵を打ち砕いた。糸原の一打で先制点を奪った直後の2回1死一、三塁。追加点を狙える絶好機で、阪神・梅野が勝負強く2点目をたたき出した。

 「いいピッチャーだし、やられ方は同じじゃ良くないだろうし。立ち上がりっていうところだった。前の健斗(糸原)もつないで打ってくれた。なんとか事を起こしたいなと。冷静な感じで打席に入れた」

 大野雄の失投を、確実に捉えた。高めに浮いたツーシームを中前へ。試合前まで今季2打数無安打だった相手から放った待望の初安打が、値千金の一打となった。打率・235は規定打席到達者でリーグ最下位に沈んでいるが、一方で得点圏打率・400はリーグ2位。データ通りの勝負強さを発揮し、力投を続ける先発・青柳をバットでも勇気づけた。

 「打って勝つことがチームとしては勢いに乗ってくると思うけど、やっぱり接戦をものにするっていうのは個人としてもテーマに掲げている。キャッチャーとしては、そういうゲームをやっていくことが大事だと思う」

 追加招集により、侍ジャパン入りを果たした。そして、ともに日の丸を背負う青柳、岩崎を、好リードで支えた。わずか1点のリードを死守して、勝利へとけん引。矢野阪神を支える正捕手の存在感は、絶大だ。(山本 浩之)

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年6月23日のニュース