中日・福谷 毎回の12安打浴びながら7回2失点と粘投

[ 2021年6月23日 20:21 ]

セ・リーグ   中日―阪神 ( 2021年6月23日    バンテリンD )

<中・神(10)>5回1死一塁、中野のバントヒットで、一塁に悪送球する福谷(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日の先発・福谷は毎回の12安打を浴びながら、7回2失点と試合をつくった。

 2点リードの4回無死一、三塁から糸原の遊ゴロ併殺の間に1点を返されると、6回には佐藤輝に同点ソロを被弾。

 それでも毎回走者を背負う苦しい投球ながら、適時打だけは許さず味方の反撃を信じ粘りのピッチングを見せた。

 2―2の7回無死一塁で打席が回ってきたところで代打を送られ、降板。この回、味方が勝ち越し点を奪い、4勝目の権利を手にした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年6月23日のニュース