楽天 継投裏目で逆転負け 松井、1年ぶり救援登板で敗戦投手に

[ 2020年10月2日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天1―4ソフトバンク ( 2020年10月1日    楽天生命 )

<楽・ソ>7回、失点に肩を落とす松井(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 楽天は継投に失敗し、逆転負けを喫した。1安打無失点だった先発・岸を6回89球で降板させ、1―0の7回からリリーフに配置転換したばかりの松井にスイッチ。これが裏目に出た。先頭・グラシアルへの四球をきっかけに2点を失い、ひっくり返された。1年ぶりの救援登板で敗戦投手となり「準備はできていた。先頭への四球が反省点。(試合の)入り方の違いはあるけど、それは理由にならない」とコメント。

 再び勝率5割に戻った三木監督は「岸に勝ちをつけてあげたかった。松井は頼りにしているので、次に向けて進んでほしい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月2日のニュース