広島 9月7日以来の最下位転落 先発転向のスコットは4回4失点、2軍再調整へ

[ 2020年10月2日 05:30 ]

セ・リーグ   広島3-5巨人 ( 2020年10月1日    マツダスタジアム )

<広・巨(18)>4回2死二、三塁、吉川尚に2点適時打を打たれたスコット (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 広島は、来日初先発のスコットが4回4失点で3敗目を喫した。

 初回に丸に先制打を浴びると、3、4回は四球から失点を重ね「疲労を感じて抑えられなかった」と肩を落とした。開幕は守護神を任されながら1セーブも挙げられず抹消。9月から先発調整を始め、2軍で2試合に登板していた。

 佐々岡監督は「もう1回下で」と明言。9月7日以来の最下位転落には「選手は一生懸命やっている。一つずつという気持ちでやるしかない」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月2日のニュース