日本ハム・上原 今季最短4回途中5失点KO ソフトバンクから初勝利お預け

[ 2020年10月2日 19:50 ]

パ・リーグ   日本ハムーソフトバンク ( 2020年10月2日    ペイペイD )

<ソ・日>ソフトバンク戦に先発した日本ハム・上原(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 日本ハム・上原健太投手(26)はソフトバンクからの初勝利とはまたしてもお預けとなった。

 上原は2日、ペイペイDで行われたソフトバンク戦に先発。初回に先制され、2-1と逆転した3回には2失点、4-3と再逆転した4回にも松田に逆転2ランを打たれ再逆転を許し、今季最短の3回1/3、5失点で無念の降板となった。

 5年目の上原はプロ入りからソフトバンク戦9試合に登板し0勝5敗、防御率4・58とまだ勝ちはなかった。前回登板の9月17日には8回1/3、2失点(自責1)と好投を見せたが、今回は粘れなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月2日のニュース