中日・清水 4回3失点で今季初先発初勝利ならず 3回に2ラン被弾

[ 2020年10月2日 19:23 ]

セ・リーグ   中日―DeNA ( 2020年10月2日    横浜 )

<D・中>中日先発の清水(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 今季初先発となった中日・清水は4回3失点で降板。今季初勝利は手にできなかった。

 立ち上がりは緊張からか制球が定まらず、2者連続四球を与え、2死三塁からは暴投で失点。

 それでも2回以降は立ち直ったものの3回1死から梶谷に初安打となる左前打を浴びると、続くオースティンに左翼ポール際へ2ランを被弾した。

 高卒3年目の清水は9月18日に今季1軍初昇格。中継ぎで2試合に投げ、特に9月25日の巨人戦は4回を1失点にまとめ、先発チャンスを勝ち取った。

 「頼れる中継ぎ陣がいるので、6回終了した時点でチームが勝っている状況をつくりたいです」と意気込んでいたが、5回持たずにマウンドを降りることとなってしまった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月2日のニュース