巨人は打線が1得点のみで敗戦 優勝マジックは21のまま

[ 2020年10月2日 21:12 ]

セ・リーグ   巨人1-4阪神 ( 2020年10月2日    甲子園 )

<神・巨>8回無死、ウィーラーは左越えにソロ本塁打を放つ(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 巨人は阪神に敗れてリーグ優勝マジックは21のまま変わらず、最短優勝は10月14日となった。

 阪神先発の西勇の前になかなか得点を奪えない中、3点を追う8回にウィーラーが左越え9号ソロ。しかし、その裏に1死二塁から近本の三塁へのセーフティーバントを岡本が一塁へ悪送球(記録は安打と失策)で二塁走者の生還を許すなど点差を広げられ、9回の反撃はならなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月2日のニュース