中日 ビシエドが4番の仕事!8回勝ち越し3ラン「自分でもグッドスイングだと思うよ」

[ 2020年10月2日 21:01 ]

セ・リーグ   中日―DeNA ( 2020年10月2日    横浜 )

<D・中>8回1死一、二塁、中越え3ランを放つビシエド(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 これぞ4番だ!中日・ビシエドが5―5の8回1死一、二塁から勝ち越し3ラン。石田の高めに浮いた変化球を振り抜くと鋭いライナー性の打球はバックスクリーンへ一直線に吸い込まれた。

 「しっかり捉えることができた。自分でもグッドスイングだと思うよ。ホームランになってくれて最高だよ」

 打撃不振もあり、前日1日の阪神戦(甲子園)はスタメンを外れ、欠場。リフレッシュが功を奏したのか、この日は指定席の4番で先発出場し、初回も中前打を放っていた。

 チームの勝利をぐっとたぐり寄せる一発は来日5年目にしてNPB通算100号に王手。頼れる主砲がAクラス入りへ復調の兆しを見せた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月2日のニュース