阪神・小幡 全て中前打でプロ入り初の猛打賞記録

[ 2020年10月2日 20:07 ]

セ・リーグ   阪神―巨人 ( 2020年10月2日    甲子園 )

<神・巨>6回2死、小幡は中前打を放つ(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 阪神の高卒2年目・小幡がプロ入り初の猛打賞を記録した。

 この日は1打席目に2回2死で今村の初球を中前打とすると、5回は先頭で再び今村から中前打を放ち、糸井の適時打で2点目のホームを踏んだ。

 そして6回2死で迎えた3打席目に、宮国の初球を三度センター前へ。木浪の離脱で先月25日から7試合連続で先発出場の若干20歳が、攻守に奮闘を続けている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月2日のニュース