阪神 投打の主力が躍動し巨人4連戦初戦に勝利 大山先制23号 西勇8回1失点で8勝目

[ 2020年10月2日 21:02 ]

セ・リーグ   阪神4―1巨人 ( 2020年10月2日    甲子園 )

<神・巨>4回のピンチを切り抜け、大山(左)と笑顔でタッチをかわす西勇輝(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神は12・5ゲーム差で迎えた首位・巨人との4連戦初戦に勝利。投打の主力が躍動した。

 2回に大山の23号ソロ本塁打で先制。本塁打王を争う岡本の目の前で、1本差に迫った。5回は1死満塁で糸井の中前2点適時打が飛び出し、3―0とした。2点優勢の8回1死二塁では近本のこの試合2本目となるセーフティバントでの安打で岡本の悪送球を誘い、貴重な追加点を挙げた。

 投げてはこの試合で公式戦通算1500投球回を達成した先発・西勇が、7回まで三塁を踏ませない投球。8回先頭のウィーラーに左翼へのソロ本塁打を浴び、直後の攻撃で代打を送られたものの、8回5安打1失点の好投で今季8勝目を挙げた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月2日のニュース