日本ハム・中田 両リーグ最速90打点!22打席ぶり安打が連敗止めるV打

[ 2020年10月2日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム3―2ロッテ ( 2020年10月1日    札幌D )

<日・ロ>5回、勝ち越しの適時打を放った中田(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハム・中田が両リーグ最速で90打点に乗せる決勝適時打を放ち、自力CS進出消滅&球団通算5000敗を阻止した。5回2死二塁から右腕・岩下のスライダーをバットの先で拾い、左前へ勝ち越し打。最近4試合は15打数無安打と不調だった4番は「打ったボールすら分からないくらい状態が悪すぎるので、全部打ちにいくつもりで、がむしゃらにいった」と5試合、22打席ぶりに飛び出した安打を振り返った。

 連敗は3でストップ。栗山監督は「よくみんなで粘ってくれた」と称えたが、今後も厳しい戦いは続く。中田は27本塁打で、楽天・浅村と1本差の2位。チームの上位浮上と2冠獲得へ、主砲の巻き返しに期待が懸かる。(東尾 洋樹)

 ▼日本ハム・清宮(4回に同点の右越え6号ソロ)ちょっと押され気味だったけど、角度が良かった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月2日のニュース