ロッテ・沢村、移籍後初被弾で初黒星 二木8回無失点の好投も援護なく

[ 2020年10月2日 21:11 ]

パ・リーグ   ロッテ0―1西武 ( 2020年10月2日    ZOZO )

<ロ・西>延長10回無死、メヒアに先制左越えソロを浴び肩を落とす沢村(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 ロッテは先発の二木が8回85球を投げて、3安打無四球無失点の好投も味方の援護がなかった。9回に登板した2番手の益田は無失点で抑えたが、延長10回に3番手の沢村が先頭のメヒアに移籍後初被弾となる10号ソロを浴びて敗戦投手となった。ロッテは2連敗。

 西武は0―0の10回に飛び出したメヒアの決勝弾で2連勝。先発のニールが7回106球を投げて、1安打4四球無失点の好投も勝ち負けはつかなかった。ニール降板後は8回は平良が無失点、9回も増田が無失点で抑えて今季3勝目をマークした。10回は4番手で森脇が1点のリードを守り切り今季初セーブをマークした。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月2日のニュース