中日 R・マルティネスが球団&自己最速更新161キロ!「スピードのことは気にしていないよ」

[ 2020年10月2日 22:01 ]

セ・リーグ   中日8―5DeNA ( 2020年10月2日    横浜 )

<D・中>R・マルティネスの球速を表示するスコアボード(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 決勝アーチに花を添えた。中日の守護神、R・マルティネスが球団最速&自己最速を更新した。

 3点リードの9回1死から神里への6球目、内寄りに直球で見逃し三振に仕留めると、球場の電光掲示板は「161キロ」を表示。

 これまでは右腕自らが記録した160キロが、球団最速&自己最速だったが、1キロ更新。「スピードのことは特に気にしていないよ」とサラリ。

 2死から柴田を空振り三振に仕留めゲームセット。3人すべて三振でアウトを奪い「マウンドに上がった時は、チームに貢献できるように勝利に貢献できるように。そのこと以外、特別なことはしていないし、考えていないよ」と頼もしく笑った。

 この日は8回にビシエドが決勝3ラン。同じキューバ出身で兄貴分のような存在の主砲の活躍に花を添える見事な15セーブ目だった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月2日のニュース