阪神・近本の「足」が決勝点に 二盗、野選、暴投の間に先制のホームへ

[ 2020年10月2日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神2-0中日 ( 2020年10月1日    甲子園 )

<神・中(18)> 6回無死一塁、近本は盗塁を決める (撮影・平嶋 理子)                                                         
Photo By スポニチ

 阪神・近本が自慢の「足」で決勝点を奪った。6回の先頭で右前打で出塁すると、続く北條の初球に二盗に成功。「一つでも先の塁にというところを意識しながら思いきってスタートを切れた」とリーグトップを行く21盗塁目を決めると、北條の遊撃への正面のゴロで三塁を狙って野選を誘い三進。送りバントを決められなかった北條も救った。その後、2死二、三塁となったが、大山の5球目が暴投となり、欲しかった先制のホームを踏んだ。

 矢野監督も「本当にレベルの高いところだし、あれをサードにチャレンジしたというところも俺は買いたい。サードに行けなかったらワイルドピッチもないんでね。あそこはチカ(近本)の持ち味が存分に出た場面かな」と絶賛した。矢野阪神が掲げてきた「チャレンジ」をここに来て体現したことは、今後につながるはずだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月2日のニュース