西武・山川、23号V弾! 今季2試合目の「7番」に奮起「久々にいい感触」

[ 2020年10月2日 05:30 ]

パ・リーグ   西武7―6オリックス ( 2020年10月1日    京セラD )

<オ・西>8回2死二塁、勝ち越しの2点本塁打を放つ山川(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 今季2試合目の7番に座った西武・山川が、同点とした8回2死三塁で、ヒギンスの直球を9試合ぶりの23号左越え決勝2ラン。「打った瞬間のタイミングにフォロースルー。久々にいい感触」。

 試合前まで打率・217とあって「どすこい」パフォーマンスも「成績が悪すぎて恥ずかしい」と封印した。本塁打トップの楽天・浅村には5本差。「(3年連続)本塁打王は諦めていないが今は一本一本増やす意識」と気を引き締めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月2日のニュース