阪神 西勇が公式戦通算1500投球回を達成 史上179人目 プロ12年目で到達

[ 2020年10月2日 19:28 ]

セ・リーグ   阪神―巨人 ( 2020年10月2日    甲子園 )

<神・巨>1500イニングを達成した西勇 (撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 阪神の西勇輝投手(29)が、2日の巨人戦で公式戦通算1500投球回を達成した。

 初回先頭の吉川尚から3球で見逃し三振を奪い、節目のイニング数に到達。その後1死一、二塁とピンチを背負ったが、岡本を三ゴロ併殺に打ち取り、ベンチに引き揚げる際には記念のプレートを受け取って掲げ、ファンの声援に応えた。

 西勇はその後1点リードを守り、5回まで無失点投球を継続。5回表を終えて試合が成立した。

 08年ドラフト3位でオリックスに入団した西勇は、18年まで在籍したオリックスで209試合に登板して1219回と1/3を消化。19年から所属している阪神では、この試合前まで通算41試合に全て先発登板し、280回と1/3を投げていた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月2日のニュース